異業種からの転職は、何歳までが限界?

転職を考えた時に、「自分の年齢で受け入れて貰えるのだろうか」と、不安を抱えてしまいます。
実際、転職に関する情報中には35歳を転職の上限年齢と考えているものも多いです。
なぜ、35歳を上限年齢としているのでしょうか。

20代前半での転職は、第2新卒として、企業に求められる傾向にあります。キャリアのある転職希望者に比べ、柔軟性はあり、若さゆえ、転職先企業になじみやすいからです。
また、スキル開発の余地も十分にあります。
尚且つ、社会人としての一般常識は備えられれいるので、新卒採用よりも、人材育成にかける時間が少なくて済むというメリットがあります。

20代後半での転職は、社会人としての勢いがある世代のため、企業としてはメリットがあると考えられます。しかし、新卒で入社した同世代とは差がついてしまうことは、避けられません。
その部分を不満に感じて退職してしまうのではという、転職先企業が抱える不安を取り除く自己アピールが出来れば、転職は可能です。

30代前半での転職は、今までのキャリアを重視されます。
そのため、今まで積んできたキャリアは、ポジティブな評価を受けやすいです。
しかし、異業種への転職となると、同業種への転職と違いその評価は難しくなります。
異業種であっても、今までのキャリアをどのように会社に役立てられるかアピールする必要があります。
また、キャリアを活かすことが難しい業界への転職ならば、今後の展望を踏まえ、転職先企業において、どのように活躍できると考えられるか、明確に説明できる必要があります。

30代後半以降の転職は、ハードルが上がります。
転職先企業は、今までの経験がを実務面では即戦力としてポジティブに捉えます。
しかし、その反面、その経験が柔軟性を欠く要因になるとも考えます。
企業風土に染まりにくい、新しいことへの挑戦に腰が重くなってしまうのでは、と、マイナスに捉えられる可能性があります。
さらに、異業種への転職になると、同じ経験が無い採用ならば柔軟性のある若手を選びたいと考えます。
35歳以降の転職ならば、同業種の方が望ましいです。

転職では、今までの経験を活かして、即戦力になる人材は、企業から求められます。
しかし、異業種への転職になると、経験を活かし、即戦力となる人材と判断されるのは、難しくなります。
また、年齢が上がれば、若手を採用したほうがメリットに繋がると判断されがちになります。
しかし、異業種でも業界によっては、今までの経験を活かし、即戦力となることができます。

自分の年齢、経験、実績を踏まえ、転職先に選ぶ業界を見極めていくことが重要です。