異業種に転職するためのコツとは?

「違う仕事にチャレンジしたい」、「将来のことを考えてスキルアップしたい」、「勤務形態を変えたい」等、転職の際に異業種を考えることもあります。
しかし、ネットで転職について調べてみると、異業種への転職は難しいと言ったマイナス意見も多く見られます。現に転職経験者者の半数近くが異業種に転職しているとも言われています。
そのような、転職経験者の傾向から、異業種に転職するためのコツを考えてみましょう。

まず、転職活動の中で聞かれる転職理由について調べてみましょう。
転職希望理由として特に多いのは次の3点です。

1点目は、「職場の人とソリが合わない」、「人間関係がギクシャクしている」といった、人間関係に関する理由です。
この理由は、採用担当者に嫌われがちです。なぜなら、人間関係とは主観的なものであり、第三者である採用担当者には正当性が判断できないからです。
逆に、人間関係を理由にまた退職されるのではないかという不安を与えかねません。

2点目は、「収入が低い」という理由です。
この理由は、残業代が正当についていなかったり、休日出勤の手当が無かった場合を除いては、避けたほうがいい理由です。
なぜなら、転職においては、特別な資格やスキル、実績がない限り、年収が上がるということはありません。

3点目は、「業界や会社の将来性に不安がある」という理由です。将来の自分の仕事にも漠然とした不安を抱え、転職しようと考えるケースです。
このような理由では、採用担当者には伝わりません。何が不安で、転職によってどのようにその不安が解消されるのか、具体的に説明出来るようにしておきましょう。

転職成功者の転職理由で多かったのは、「現職ではやりたいことが出来ない」というものです。
やりたいことが具体的にあります。
そして現職ではそれが実現できず、転職先企業で実現できると考えています。
そして、ここで成功者の特徴があります。
現職でやりたいことを主張する前に、社会人としての責務を果たした上で、自分の主張をしています。
現職で掛け合う努力をした上で、転職を考えたという正当な手順を踏んでいます。
転職理由が明確で、社会人としての常識や責任感も理解された点が採用担当者に評価され、転職成功をしたと考えられます
採用担当者にポジティブに捉えてもらえるような、転職理由を説明できるようすることがコツです。。

採用する企業側が重視することは、即戦力になるかどうかです。異業種でも職種が同じならば、今までの経験を活かして働くことが可能です。
特に、事務・経理・人事等のバックオフィス系や営業職は、異業種においても基本的な仕事内容が変わらないので、即戦力となり転職しやすいようです。
自分の経験とスキルが異業種でも通用することをアピールし、即戦力と判断されることが重要だと言えます。
また、今の業種と転職先の業種の相違点を研究することも重要です。
近い業種ならば、転職先での即戦力につながりやすいことをさらに強くアピール材料になります。
また、遠い業種であっても、意外な相似点を説明することにより、幅広い視野をアピールすることができます。
相違点の中から、転職先企業にとってメリットがある人材であることを説明できるようになりましょう。