IT業界から異業種へ転職。失敗する人と成功する人の違い

なぜ転職したいのか?曖昧はダメ

転職したいと思う時、多くの場合が現状に不満があることがほとんどです。
待遇、続く超過勤務、やりがいがないなど人それぞれですがなぜ転職したいのか転職することで何を変えたいのか、その優先順位は何なのか、自分の希望を明確にしなければなりません。
そもそも転職でそういった状況が打開できるのかという疑問もあります。

IT業界の多重下請構造に嫌気がさして単に異業種への転職を始めてもITゼネコンと建築業界の言葉が例えとして使われるように
同じような社会構造が他の業界でもありうるからです。

また、求人する企業側からしても給料が少ないから嫌だ、残業が多いから嫌だと転職活動をする人材をほしいとは感じないでしょう。
不満ばかりがあふれて転職活動をしている人には転職を成功させることはできません。

これは決して転職したいと思うことがいけないということではありません。
転職を成功させ長く務めることのできる会社に入社するためにも、転職における自己分析を行わなければ、自己PRができずに面接で受かりません。
たとえたまたま就職できたとしても、また不満が募って転職を繰り返すという負のスパイラルに取り込まれてしまいます。

自己分析

では自己分析とはどのように行うのでしょうか。
転職を成功するために必要不可欠なのが自己分析です。
まずは自分がこれまで行ってきた仕事をすべて書き出してみましょう。
転職活動をする際には必ず職務経歴書を作成しますが、その内容よりもさらに事細かに1つ1つの関わってきたプロジェクト、
客先常駐を経験しているならば常駐先の企業規模業務内容、エンドユーザーまでの経路、常駐先で盗んだ技術、培ってきたスキルをすべて書きだします。
そして注意したいのが、成功したことだけでなく失敗やうまくいかなかった事もアウトプットするということです。

次に書き出した自身のキャリア・スキルを客観的に採用する企業側からの視点でみます。
会社を経営していくうえで自分という人材を採用すると企業が得られるメリットを考えるのです。
そこが自分のアピールポイントとなります。

また、自分の失敗やその原因を明確にできる人は失敗を反省し、同じことを起こさないように試行錯誤ができる人です。
企業はスキルやキャリアのある人材はもちろんほしいのですが、そのように自分を客観的に認識する能力に長け、
臨機応変に対処できる人材を望んでいます。

異業種への転職を希望するとなればIT業界出身の自分よりもその道の経験をしてきた人たちがライバルとなります。
その人たちよりも自分を採用した用が企業にとってメリットがあると考えさせるためには自己中心的な視点ではなく、企業側の視点を持つことが重要です。
異業種への転職を成功させる人の多くがこの自己分析の完成度が高く、人事担当者の心をつかむのがうまいのです。

年齢別転職成功法

転職においても転職で非常に重要な要素は年齢です。
IT業界は年功序列が少なく能力主義的な面が他の業界より強いですが、それでも年齢に見合ったスキルを持ち合わせてなければ転職活動は厳しいものとなります。
まず、20歳代であれば異業種でも未経験で採用される可能性は大いにあります。

企業が育てがいのある人材だと判断すれば未経験でもよい人材を取りたいと考えるからです。
しかも転職者なので一般的な社会常識が備わっており、新卒採用のように1から教え込む必要がありません。

しかし、30歳代に入ってしまうとそうもいきません。
30代は中間管理職的な年代に入りますので、年を食っているのに全くの業界新参者では企業でも採用しにくいのです。
そのため30歳からの異業種への転職はこれまで培ってきた技術やスキルを異業種の企業で活かせるかどうかということがポイントとなってきます。
つまり転職先としては異業種であっても企業の情報システム部門や、保守管理部門、生産管理といった職場がターゲットとなってきます。

転職サイトやエージェントを有効活用

自己分析が終了したところで転職活動は本格的に始動します。
転職活動にはIT業界に特化した求人サイト、エージェントをつかうのがお勧めです。

異業種への転職希望なのにIT業界のサイトを利用するのは意味がないと思うかもしれませんが、
実はIT業界に特化した転職サイトには社内SEの求人が掲載されています。求人数も総合型の転職サイトに比べ豊富です。
総合サイトは様々な業種を掲載することで求職者の転職先の業種の幅を広げるサービスのため、求人企業も広く浅く掲載されています。
一方特化型転職サイトは業界を絞ることで中小企業やベンチャーから大手まで様々な企業掲載されています。
そのため、大手で安定した職場で仕事をしたいのか、個々の個性が際立つ中小企業で働きたいのかなど、個人のビジョンにあった企業を抽出することができます。

例えば絞り込み機能で社内システム開発や運用のチェック項目がある求人サイトは社内SEを効率よく探し出すことができます。
IT特化型転職サイトのワークポートでは社内システム開発のチェック項目がありますし、IT転職ナビでは絞り込み機能では細かいチェック項目はありませんが、
キーワードに社内SEと入れることで異業種のシステム部門などを抽出することができるようになっています。

また、転職エージェントでは非公開求人も抱えているので、企業側と求職者側でうまくマッチングすればライバルとしのぎを削ることなく転職することができるかもしれません。
転職エージェントの良いところは自分で行った自己分析に対し、評価やアドバイスをしてくれることです。
他者の目から見ることで新たな自身の魅力に気づかされることもありますし、自分では最初から無理だと排除していた業界に適職があるかもしれません。
転職先の幅を広げ、転職を成功させるためにも転職サイト、エージェントをともに活用するようにしましょう。